東京の銀座という地名は江戸幕府の金蔵に由来するそうです。

 今は、石垣だけが残っていますが、その昔、津久井城(築井城)を守っていた武士たちの寝小屋(根小屋)で金蔵に由来する地名の、津久井町根小屋字金丸から、金丸(かなまる)自治会と名付けられています。
 すぐ近くには、津久井城主を祀った、功雲寺もあります。

 ゆたかなみどりに囲まれ、自治会員の手作りの花畑には、四季折々の花が咲いています。

 

動画運用テスト
2002/10/13 串川地区運動会
皆さんのところでちゃんと表示されているか、結果をお知らせ下さい。

ごあいさつ

 平成26年度に於きまして、各種の課題を解決するため、4部会を設置し、検討して参りました。まず会館建設構想部会につきましては平成27年度より建設を進める方向で会館建設構想(案)を作成致しました。また、会員名簿改訂部会につきましても改訂(案)を作成致しましたので、提案させて頂きたいと思います。次に、防災計画検討部会、および交通安全その他部会につきましては、一部の成果は得られているものの、継続して検討を重ねる必要があることから、引き続き作業を行いたいと思います。
  以上につきまして、後ほどご説明とご提案をさせていただきたいと思います。なお、これら4部会の成果につきましては、平成27年3月の定例理事会におきまして、承認を得ておりますことをご報告申し上げます。
  次に、私たちの住む根小屋地区は、圏央道相模原インターチェンジと津久井広域道路の3月開通、金原地区の開発計画および根小屋地区乗合タクシーの本格運行などにより、生活環境が変わろうとしております。これにより発生する諸問題に対応するため、日頃の自治会活動に加え、周辺地域との連帯した活動も考えて参りたいと思います。次に、恒例になりました夏祭りなどの事業につきましては、引き続き会員相互の親睦など、その実効性を図ることを主眼に実施してまいります。又、少子高齢化に向けての対応につきましては、部会の成果を見据えると共に金丸自治会館を社会福祉事業の拠点施設とし、積極的に当該事業の誘致を図り、金丸自治会員のみならず、周辺地域の多くの方々が事業に参加できるよう図って参りたいと思います。以上につきまして、自治会員の皆様のご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

      平成27年 4月 5日

金丸自治会長 広瀬 市郎  

事務局より

 平成13年5月20日の自治会定例理事会で、当面、氏名など個人情報に関わることはパスワード付きであってもUPすべきでない、ということになりましたので、月当番表、役員名簿、ブロック別会員名簿など全て削除しました。入退会最新情報などが必要な方は、直接、ご連絡下さい。また、平成13年9月16日の受信組合定例役員会で、公認され、自治会と連携して進めることとなりました。
 今後も、皆さんのご意見、ご提案をどしどしお寄せ下さい。
 なお、記載内容には正確を期しているつもりですが、間違いなどありましたら、ご指摘下さい。最近は、ハッカーなどによるデータの改変もあるようですので、正確な内容は、自治会役員までお問い合わせ下さい。
 また、金丸地区地区計画の正確な内容については、相模原市役所 街づくり支援課 042−769−9252 まで、お問い合わせ下さい。

金丸自治会 は、平成5年6月に津久井町告示第19号によって地方自治法第260条の2第1項の規定により、地縁による団体として認可された法人です。自治会館は、当自治会名で登記しています。 
〒252-0153 神奈川県相模原市緑区根小屋2915-126(文責:金丸自治会 事務局 脇崎 正信)
Tel 042-784-0950
Copyright 1999 by Kanamaru . All right reserved(文責:金丸自治会 事務局 脇ア 正信)

このホームページの内容に関して、WWW.KIWI-US.COMシステム管理者 及び(株)ヒューリスティック・サーブには問い合わせないで下さい。